封筒印刷

適切なサイズの封筒に印刷しよう

封筒

一般的に決められた用途によって良く使用される封筒というものがあります。一般的でない封筒を使用すると、常識的でない会社だと考えられてしまうリスクもはらんでいます。そこで、封筒に自社のロゴを封筒印刷してオリジナル封筒を作成する場合は、封筒の用途に合わせて適切なサイズを封筒印刷で選択することが重要なのです。
ビジネスを行う上で使用頻度が高く用意しておきたい封筒の一つが長3と呼ばれるサイズの封筒です。様々なカラーバリエーションがありますが、白の封筒と茶色のクラフト紙を用いた封筒がメジャーです。社内の印刷物として頻度の高いA4サイズの書類を3つ折りにすることで入れることができることが大きなメリットとなります。
それより大きなサイズの封筒もあると役に立ちます。折り曲げることができない書類を郵送する際などに大活躍します。また、ちょっとした請求書などを送るときのために小さなサイズの封筒も用意しておくと安心です。このように、使い道に応じて必要な封筒のサイズは異なってきます。封筒印刷サービスを利用する際には、事前にどのような封筒が必要になりそうかということを具体的にイメージしてから注文することが大切です。

封筒印刷で選べる封筒の種類とは

封筒印刷を依頼する際には、元となる封筒を様々な種類の中から選ぶことができます。用途によって必要となる封筒印刷の種類が異なってくるほか、コストにも大いに影響を与えるため、慎重に選択する必要があります。よく使用されているものとしては、透明のビニールでできた、窓が付いた封筒です。封筒そのものに宛名を記載しなくても、中に入れられている書類に宛名を記載することが認知できるので、封筒の使い勝手が良くなります。
封筒印刷をする際の手間を考えると非常に便利なのです。また、封筒を閉じる際のりやテープが初めから付属している封筒も選ぶことができます。切手のように水でぬらすことによって粘着力が強まるタイプのノリが封筒の口の部分についているタイプです。テープと比較するとコストが安いことがメリットとなります。
反対にテープで閉じるタイプの封筒は封筒を閉めるたびに水でぬらす必要がないため、作業を効率的に進めることができるというメリットがあります。このように、印刷する内容や使い道に応じて、封筒の種類を選ぶことはとても重要です。仕事にかかる時間を短縮して作業を効率化したり、社内に封筒を準備しておく際のコストカットにもつながるからなのです。

大量の封筒印刷は印刷会社に外注を

企業では社外に向けて情報を発信するためにカタログなどの印刷物を郵送する機会が多いのですが、郵送物が大量になってしまった場合には宛名などの封筒印刷の作業が非常に重荷に感じてしまうことも少なくはないはずです。もちろん、現在ではほとんどの企業にはプリンターが導入済みのはずですが、封筒印刷を自社で行うとなるとその作業を専任で行う人員を用意しなくてはなりませんし、大量の封筒やプリンターのトナーを準備しなくてはならずその費用が意外と膨らんでしまいがちです。そのため、少量の印刷物を郵送する場合を除くと、封筒印刷については印刷所へ外注をした方が人的コストや金銭的コストを抑えることができます。また、封筒印刷を自社で行った場合、宛名などの印刷がずれてしまうといった失敗も少なくはなく、そういったときには再び封筒印刷をやり直す羽目になってしまい時間をロスしてしまう結果になります。その点、封筒印刷を普段から手掛けている印刷会社ならば印刷のずれやインクのかすれなどのミスがない正確な封筒印刷をしてくれます。大量に封筒印刷をする必要性に迫られたときには印刷会社に外注をしてみてはいかがでしょうか。短期間で納得のいく仕上がりの封筒印刷をしてくれるはずです。

更新記事

記事リスト

あなたにおすすめのリンク集

Top